LIFE LABEL

工務店・不動産会社・リフォーム事業向け 緊急合同事業説明会

変動する時代の中で、住宅業界はどうあるべきか。
そして、リフォームを含む住宅ビジネスを
いかに進めるべきか。
キーパーソンとなる8人があるべき姿を語る。

  • 人材不足時代の
採用・育成法 人材不足時代の
採用・育成法
  • 小村 典弘

    コンサル会社を経て、1999年にタカラ不動産(現クラスコ)へ入社。2014年に3代目として社長就任。社長交代で約8割の社員が退職し、若手社員に入れ替わるがテクノロジー開発&仕組化で「働き方改革」を成功させ、年間休日を26%UPし残業時間46%ダウン、売上30%UPし、パート率40%、一人当たりの生産性2.2倍を実現する。リノベーションネットワーク「Renotta」「カウリノ」の開発を行い全国の企業へサービス提供している。

  • 青栁 弘昭

    長野県塩尻市に本社を置く「株式会社サンプロ」の創業者であり代表取締役。ブランド経営の手腕に定評があり、「地域No.1ブランドビルダー戦略」を掲げる同社は1996年の創業以来増収増益を続けている。少子高齢化・人口減少の進む長野県にあって現在の年商は35億円。地域ビルダーにブランド経営・クリエイティブのDNAをとの考えを実現すべく、地域ビルダー・リフォーム会社などによるネットワーク「LOCAS Network」も主宰している。

002 リノベーション市場の未来

  • 小村 典弘

    広告・出版系の企業で、映画・ファッション業界をはじめさまざまな企業の広告・プロモーションに関わる。現在は、グッドデザイン賞受賞住宅「ZERO-CUBE」のブランディングを軸に、規格住宅FC「LIFE LABEL」と、リノベーション全国ネットワーク「RE住むパートナーズ」の2つの事業責任者として、広告・マーケティング事業全般を手掛けている。

  • 久田 一男

    ファッションデザイナーから大工を経て、現在は旧い建物をホステルやシェアオフィスなどにリノベーションするクリエイティブディレクター。リノベーションオブザイヤ―無差別部門賞2014・2015年連続受賞。2018年より50%、90%、99%完成レベルが選べる「未完成住宅」を全国展開予定。画一的で短命な日本の住宅に革命を。

  • 福澤 佳恵

    2003年リクルート(現リクルート住まいカンパニー)入社。2012年より『住まいの設備を選ぶ本』編集長、2013年より『SUUMOリフォーム』編集長、2016年より『SUUMO』副編集長を兼任。テレビ・新聞・雑誌でのコメント、コラム執筆や講演活動も行う。各リフォーム関連のコンテスト審査員、エクステリアコンテストの審査員を歴任。

003 IoT・AI・住宅の進化

  • 乃村 一政

    高校卒業後、NSCに入り、24歳まで吉本興業で漫才師をする。営業の仕事を経て、33歳で住宅ビルダーSOUSEI株式会社を設立。WEBのみで住宅事業を展開し、2年でエリアナンバー1に。2012年から住宅用頭脳デバイスの開発に着手。2013年、IoT機能付きHEMSを開発。2014年1月、マイホームアプリknotを開発、2017年4月全国へリリース。住宅業界特化型ITサービスベンチャーとして活動。

  • 川崎 総一郎

    慶應義塾大学卒業後、三井不動産レジデンシャルに入社し、マンション開発や事業企画に従事。その後、戦略コンサルティングファームに転身し、航空会社・デベロッパーなどの事業戦略立案/実行・ブランド戦略などに携わる。2017年よりGAtechnologiesに参画し、中古不動産プラットフォームRenosyの事業企画やリノベーション事業の責任者を務め、テクノロジーとリアルを融合した事業開発に従事。

  • 加賀爪 宏介

    関西の建築・不動産会社に10年間勤める。入社当時、年商2億円程の会社を数年で年商20億円の会社に成長させる。その間に、建築業界に特化したクラウド型コミュニケーションツール『ダンドリワーク』の開発・販売・運用を行なう株式会社ダンドリワークスを設立し、2015年1月に独立。現在は、建築・住宅業界全体の活性化に繋がるよう、日々業務に取り組んでいる。

004 出演8名のキーパーソンによる豪華パネルディスカッション!

開催概要はこちら

参加申し込み受付中!
  • 先着300名様
  • 参加費 3,000円
開催日時
2018年9月19日(水) 
開演/14:30〜17:30
(開場/14:00)
会  場
マウントレーニアホール渋谷
〒 150-0043
東京都渋谷区道玄坂2丁目29番5号 渋谷プライム6F
http://www.pleasure-pleasure.jp/

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6252-3450
(リフォーム産業新聞)